腰痛をやわらげるセルフマッサージ

つらい腰痛の原因は、悪い姿勢や間違った動作にあることも多いです。
まずは自分で改善できないかな?という方のために、簡単なマッサージをご紹介します。

腰痛は腰にアプローチすれば改善するかというと、そう単純ではないのが人体の不思議。
後頭部、足首・かかと・足裏マッサージで腰痛の原因になっている筋肉をほぐせば、腰痛がやわらぐこともあります。

腰の痛み

腰痛の原因は、椎間板が潰れるなどの明らかに病的なものもありますが、実は他にもあります。
専門家が診てもはっきりとわからないような慢性的な腰痛の原因として、心理的な不調、不良姿勢、間違った動作などが引き金となって起こる、お尻の筋肉の緊張もあるのです。

腰は周囲の筋肉によって支えてられているのですが、これらの筋肉がこわばっていると、腰椎に負担がかかり痛みが発生することがあるんですね。
また、デスクワークの際、悪い姿勢で座り続けていると、太ももの筋肉が硬くなり、骨盤を歪ませてしまいます。

そこから腰椎や骨盤が歪み、骨盤内での腸の働きが弱まり、便秘や痔などの症状に至ることも。
悪い姿勢というのは、表面的な見た目の問題だけでなくあなどれません。
そこで、様々な要因でこわばった腰周りの筋肉を、自分でほぐして腰痛緩和につながる、セルフマッサージをご紹介しましょう。

腰痛を改善するセルフマッサージ

まずは【後頭部マッサージ】後頭部をマッサージすると、背中の筋肉がほぐれ、背骨の負担が減って腰痛改善につながることがあります。
①後頭部のくぼみに沿って両手の指をあて、左右に隆起している筋肉を感じましょう。
②頭を後ろに倒し、頭の重さを使って持続的に圧をかけます。

次は【仙骨調整】仙骨は腰椎と連携して身体のバランスをとっている部分。
仙骨が前に傾いている人ほど、腰椎とのカーブが大きくなり、反り腰になりやすく、腰への負担が増え、腰痛につながることがあります。
①右側を下にして横向きに寝て、頭の下に丸めたタオルを入れて枕にします。
②仙骨に手の付け根をあて、上下にゆするように持続的に圧をかけます。

また、腰から離れた足首・足裏にも腰痛の原因があることがあります。足先の血流不良が脚全体の血行不良を呼び、腰の血行不良から腰痛につながるのです。

【足首・かかとマッサージ】
①くるぶしの上に両手の親指をあて、気持ちよい範囲で圧をかけます。
②かかとを挟むように手をあて、骨をマッサージするように圧をかけます。

【足裏マッサージ】
①足裏の中心あたりに両手の親指をあてます。
②息を吐きながら3秒間圧をかけ、1秒休むを5~10回くらい繰り返します。
痛みや硬さを感じるほうを多めにマッサージしてみると、効果的ですよ。

足首は腰とつながっていて、身体の土台でもあり背骨への影響も大きい部分。
足首を整えることは、ひいては脚全体の結構改善や、腰痛などの体の不調の改善にもつながります。
そこでおすすめしたいのが足首整体器具「ABサポーター」です。

画像の説明

つけて生活するだけで足首を全身のゆがみを整え、腰痛改善も期待できます。今なら特別価格で扱っていますよ。
詳しくは当院スタッフまで!

日本人が抱える二大不調とも言えるのが、肩こりと腰痛。
当院にも、肩こり・腰痛のお悩みでいらっしゃる方がとても多いです。
今回のニュースでは腰痛対策のセルフマッサージをご紹介しましたが、生兵法はなんとやら。
少しでも違和感があれば行わず、体の専門家である気楽堂までご相談くださいね。
お体の状況を細かく確認しながら、適切な施術をいたします!