水分補給は運動した後では遅い?

汗をかき、のどが渇いてから水を飲む。これって実は正しくありません。
水分補給は水分不足のサインが出てからでは遅すぎるのですよ!

運動中、運動後の水分補給の重要性は今や常識ですが、運動によって失われた水分は、運動後に補うだけでは足りません。
失う前に補給」を心がけましょう。

水分補給

運動中に水分をとると疲れるとか、パフォーマンスが落ちるといわれ、喉が乾いても水を飲むのを我慢していたなどという時代もかつてはありました。
しかし、今の考え方はこれとは逆です。
特に、ある程度の年齢になってくると、水分補給は非常に重要になります。

そもそも、人間の体内の水分量は、年を重ねるほどに減少します。
これは加齢によって腎臓の働きが弱くなることが原因。
体内水分量を年代でみると、乳幼児で75%、成人65%、高齢者になると50%まで落ちてるのです。

だから、高齢になればなるほど、水分を失いすぎて脱水状態にならないよう、こまめに水分をとる必要があります。
朝起きたとき、食事のとき、入浴の前後にコップ1杯の水を飲むのもとても大事です。

ちなみに人体が一日に必要とする水分量はどれくらいでしょうか。
汗や尿など体外へ排出される水分量は、1日におよそ2.5リットルとされます。

運動前にコップ1杯の水を飲もう

水分は、食事からも補えますが限定的なので、水などの飲み物から摂取すべき水分量もあります。
だいたい1日に1.5リットルが理想的ですね。

なお、夏場のように暑くて汗をたくさんかく時期は、1日に2リットルくらい摂取してもよいでしょう。
また見た目に汗をかいているように見えなくても、乾燥していると思っている以上の汗が蒸発しているので、要注意です。

ところで健康やダイエットのために、ウォーキングやエアロビクスなどの有酸素運動を行う方も多いですよね。
こうした運動をするとなれば、汗もたくさんかきますし、必要な水分量はもっと増えます。

運動が終わったら飲もうなどと思わずに、どんどん水分補給するのが重要です。
よく、運動後に喉がカラカラに乾いてから水を飲んでいる人を見かけますが、喉の乾きは、「体内の水分が足りないですよ」というサイン。

喉が乾いたなと感じたときは、すでに軽い脱水症状を起こしているからなんです。
のどが渇いて水を飲んだとしても、全身に行き渡るまでには少し時間がかかります。
だから水分が足りないというサインが出てからでは、遅すぎ。

足りないと感じる前に、早め早めの水分補給がとても大切です。

最後に、運動中に水分不足・脱水症状にならないようにするには、どうしたらよいか、覚えておいていただきたい3つのポイントをご紹介しましょう。

①運動開始30分~1時間前にコップ1杯の水を飲む
②運動中は、15分~20分ごとに水分を補給する
③水は一度に飲むと胃にもたれたり、お腹が痛くなることも。
 飲むときは何度かに分けて飲むようにする
3つのポイントを実践して健康的に運動してくださいね。

健康のためにウォーキングなど運動をされている方も多いですが、健康な身体をつくりたいなら、運動の前に正しい姿勢を身につけることも重要です。

画像の説明

そこでおすすめなのが足首整体器具「ABサポーター」。
整体のノウハウを生かし、着けるだけで足首から血行改善し、正しい姿勢作りに役立つ道具になっています。
気楽堂で扱っていますので、詳しくは当院スタッフまで!

汗かきの人にありがちですが、汗をかきたくないからと、水分を控えてはダメです。
適切な体温のために汗は出た方がよく、脱水症状にならないためにも水分補給は重要です。
ちなみにコーヒーなどカフェインを多いものは利尿作用によって脱水症状を呼ぶので、飲み物選びも注意してくださいね。