寝酒・喫煙を控えて質のよい睡眠を

なんだかよく眠れない・・・その原因、実は寝酒や喫煙かもしれません。
寝る前の1杯、1服を控え、気持ちよく目覚めましょう

アルコール摂取には、睡眠を浅くする作用や利尿作用があるので、睡眠の浅さが気になるなら控えましょう。
タバコには覚醒作用があるので、どうしてもやめられない人は、寝る1~2時間前だけでも禁煙しましょう。

酒とたばこ

お酒を飲むとよく眠れるという理由で、寝酒が習慣になっている人も少なくないと思います。
確かにお酒には催眠作用があるので、とりあえずすぐに眠れるということはあるでしょう。

しかし、お酒には飲んでから数時間たつと、逆に睡眠を浅くする作用があります。
そのため、明け方早くに目が覚めて、そこからは眠れなくなるという「早朝覚醒」に陥りやすいのです。

また、利尿作用もあるので、夜中に喉が乾いて水を飲んだり、トイレに行くなど睡眠を中断することが多くなるんですね。
つまり、毎晩お酒を飲んでいる人は、不眠になりやすいのです。

寝酒で不眠解消どころか、不眠を悪化させたり、お酒の量が増えたり、ついにはアルコール依存症になり、肝臓をこわすことにもなりかねません。

不眠解消のためにお酒・タバコは控えめに

ところで、お酒は百薬の長といわれ、上手につきあえば必ずしも悪いものではありません。
とりあえず眠りにつくために飲むことで寝つきはよくなるかもしれませんが、本当の意味での快眠にはつながらないもの。

不眠解消のためにも、健康のためにも、お酒の飲み方に注意して、健康的な摂取を心がけたいですね。
例えばどうしてもお酒を飲みたいという方の場合、週に2日はアルコールお休みの日をもうけるのが◎ですよ。

また、お酒の力を借りなくても眠れるという状態を作り出すのも大切ですね。
例えば夕方に軽く運動して身体を適度に疲れさせる、寝る前にアロマなどでリラックス状態を作るのも効果的でしょう。

なお、お酒と同じように習慣化しやすいものにタバコがありますね。
タバコの身体への影響は、すでによく知られており、健康のために禁煙する人も年々増えています。

このタバコ、実は健康上だけではなく、快眠のためにもあまりおすすめできません。
というのも、タバコに含まれるニコチンには、覚醒作用があるからです。

これから寝ようというときにタバコを1本でも吸ってしまうと、目が冴えて眠れなくなることがあります。
喫煙に寄って、知らず知らずのうちに、寝付きを悪くし、よい睡眠がとれなくなっていることらあるのですね。

できればきっぱり禁煙したいところですが、どうしてもやめられないなら、せめて寝る1~2時間前だけでも、タバコを吸わないようにしてみましょう。
それだけでも、快眠効果が上がりますよ。
お酒とタバコが好きな方で睡眠の浅さが気になっているなら、今回の内容を試してみてくださいね。

よく眠りたいからと寝酒を使う方もいるでしょうが、実は寝る環境の悪さが眠れなさを呼んでいる場合も多いものです。
睡眠環境つくりの重要要素が「枕」。
枕を替えてみるだけで睡眠の質がぐっと変わります。

画像の説明

当院では、整体のノウハウから作られた心地よく眠れて整体効果も得られる特別な枕を、特別価格で扱っています。
詳しくはスタッフまで!

仕事の付き合いなどでお酒を飲む機会も多いでしょが、くれぐれもす
すめられるままに飲みすぎないこと。
そして、すすめる人も決して無理強いしないことが大切です。
お酒と上手につきあうことで、健康的に過ごせるようになり、さらによく眠れる環境も作れるというものですよ!