長寿の鍵を握るアディポネクチンって?

脂肪燃焼の促進、動脈硬化抑制にも効く善玉物質の量を増やして生活習慣病やメタボリックシンドロームを防ぎましょう。

年をとっても減ることがないアディポネクチン
マグネシウムと食物繊維を摂ることで、積極的に分泌させ、ダイレクトに健康維持に効果が期待できる、注目のホルモンです。

若々しいご年配

アディポネクチンという名前には、まだなじみが少ないかもしれませんね。
これは、1996年に大阪大学医学部で発見されたホルモンで、健康ホルモンとも呼ばれています

アディポは「脂肪」、ネクチンは「くっつく、接着」という意味で、血管の壁などにくっついて修復するという性質をもっていることから、アディポネクチンと名付けられたということです。
アディポネクチンは、脂肪や糖の燃焼促進、動脈硬化の抑制などの作用があり、メタボリックシンドロームの鍵を握る善玉物質でもあります。

長生きをしている人には、このホルモンが多いことから、「長寿の鍵」としても注目を集めているのです。
また、このホルモンが少ない女性は、多い女性に比べて乳がん発生率が2~3倍高くなるという調査結果も。

アディポネクチンを増やすには?

健康で長生きしたいというのは、すべての人の願いですよね。
そんな願いを叶えてくれるかもしれないアディポネクチンですが、身体の脂肪(脂肪細胞)から分泌されるホルモンです。
それでは、太ればこのアディポネクチンが増えるのかというと、答えは「NO」。
むしろ、内臓脂肪が増えると、アディポネクチンの分泌量は減ってしまうことがわかっています。

また、痩せすぎで脂肪が極端に少ない人の場合も、正常に分泌されないことがわかっているのだそうです。
つまり、ほどほどの脂肪をもっている人ほど、高い数値を示すということのようですね。
アディポネクチンは、年をとっても減ることはありませんが、量を増やすことでダイレクトに健康維持に働きかけてくれます。

では、どんな食事をとればアディポネクチンを増やせるでしょうか。
実は、マグネシウムと食物繊維に、このホルモンを増加させる働きがあることがわかっています。
マグネシウムと食物繊維を一度に摂取できる食品の代表格といえば、海藻類ですね。
わかめ、昆布、ひじき、もずくなど、日本の伝統的な食生活と切っても切れない、なじみ深いものばかりです。

中でもとくにおすすめしたいのがひじき
人参や大豆と一緒に甘辛く煮付けたり、酢とオリーブオイルであえて洋風ひじきサラダにしたりとさまざまな調理法があります。
健康な身体は、日々の食生活から。海草でアディポネクチンを増やして、長寿な身体を作っていきませんか?

私たち日本人がよく食べる海藻の摂取が長寿につながるというのは、長寿国日本に住むものとして、なんとなく納得できます。
でも、世界の100歳を超える長寿の方の中には「そんなことをしながら!?」という人もいます。
アメリカには毎週4リットルものアイスを食べながら108歳で元気にされている方もいるとか。
人間って、本当に計り知れない存在だなぁと感じますね。