徹夜、夜勤は攻めの睡眠方法で乗り切ろう

仕事が忙しい、勉強の時間を確保しないと…決まった時間に睡眠がとれないときは通常の生活・睡眠リズムや睡眠時間を変えないことが大切です。

徹夜や夜勤にそなえて普段より長く眠っても、寝だめはできないので要注意!
徹夜はイレギュラーな時間だから、できるだけ普段通りの生活リズムや睡眠時間を変えないことが大切です。

徹夜

毎日、決まった時間に就寝し、決まった時間に起床する。
そんな規則正しい睡眠習慣であれば問題ないのですが、仕事や勉強などいろいろな事情により、思うように睡眠がとれないこともありますよね。
たとえば、看護師、タクシーの運転手など昼夜シフト勤務の職業に就いている場合は、徹夜前日のケアと翌日のフォローが大切です。

徹夜する前日は早めに寝るという人も多いようですが、これはあまりおすすめできない方法。

長く眠っても寝だめはできないからなんです。

徹夜する前日は普段と同じ時間に寝る。
夕方からの勤務でそのまま徹夜という場合も、昼すぎまで寝ているのではなく、日勤と同じ時間に起きましょう。
そして徹夜明けは、睡眠リズムを崩さないようにするために、昼間は起きていることをおすすめします。

夜勤の後はリラックスタイムが大事

夜間専門の仕事などで、昼夜逆転の生活が4~5日続く場合は、どのような対応をしたらよいのでしょうか。
そんなときは、朝、仕事を終えて帰宅したら、身体が疲れて少々しんどくても、まずは入浴。
ぬるめのお風呂につかって、疲れを癒やしましょう。
お気に入りの香りの入浴剤などを入れてもいいですね。

入浴後はゆっくりと食事をとり、テレビを観たり、読書をしたり音楽を聴いたりするなど、くつろぐ時間をとってから就寝するといいですね。
帰宅してからすぐに寝てしまうと、夜間勤務でたまったストレスを解消することができにくいので、少しでもリラックスする時間をすごすことが大切なんです。

でも、ストレスを解消するためにアルコールを飲むことはおすすめできません。
昼間の睡眠は、夜間の睡眠に比べると、どうしても質が低下してしまうからです。
アルコールを飲むことは、さらに睡眠の質の低下を招いてしまうんですね。
どうしても一杯やりたいというときは、缶ビール1本程度におさえておきましょうね。

徹夜や夜間勤務の場合、たとえば水曜日が徹夜する日だったら、月曜と火曜は普通のリズムで生活しましょう。
徹夜は、普段の生活パターンの中ではイレギュラーな時間ですから、できるだけ通常の生活リズムや睡眠時間を変えないようにしてくださいね。

人間の身体は本来、昼は起きて活動し、夜は横になって眠るというようにできています。
昼夜逆転生活に陥らないようにすることがとても重要なんですね。

徹夜明けの睡眠の質を低下させないために大切なのは、寝る前に心身をリラックスさせること。さらに寝具にも気をつかいたいですね。
とくに深く、質のいい眠りを得るには枕がポイント。
当院では、整体のノウハウを活かし、寝姿勢を整えて、質の高い睡眠をサポートできる枕を特別価格で扱っていますよ!
詳しくは当院スタッフまで!

画像の説明

「私は夜型だから、夜中のほうが仕事や勉強がはかどる」という人も結構いますよね。
いわゆる昼夜逆転生活が習慣になっている人です。
一見、健康によくないように思えますが、絶対悪いとは言えないかもしれません。
人間には環境適応力がありますし、個人差もありますからね。
でも個人的にはやはり、明るいときに動いて、暗くなったら寝るのが人間的かななんて思ったりもします。