天然の美容液、女性ホルモンで健康的に美しく!

きれいな髪や肌を保ち、コレステロールの蓄積を防ぐ女性ホルモン。
良質な油脂で上手に増やして、ナチュラル・アンチエイジングをめざしましょう。

血液中の女性ホルモンを適度に保つことがアンチエイジングの鍵。
良質な植物油、ナッツ類、大豆製品で女性ホルモンの減少をくいとめましょう。

ナッツ類を食べよう

「最近、抜け毛が増えたみたい」
「肌のツヤやハリがなくなってきた」
「健康診断でコレステロールが多いといわれた」
年齢を重ねるにつれ、こんなお悩みも多くなりますね。

女性ホルモンには、肌のコラーゲンやエラスチンを増やしたり、美しい髪を保ったり、骨を強くしたり、コレステロールの蓄積を防ぐなど、美しさを保つ効果があるといわれています。
つまり、女性ホルモンは、天然の美容液なんですね。

ところで女性ホルモンは脂肪が原料なので、脂肪が多い動物性食品をどんどん摂っていくと、女性ホルモンの濃度が高くなっていきます。
そうして濃度が高まりすぎると、今度は悪影響として、乳がんなどのリスクが上がることもわかっているのです。
そこで血液中の女性ホルモンを適度に保つために、オススメしたい食品をご紹介しましょう。

オススメはナッツ、大豆製品

おすすめ食品① 植物油、ナッツ類
脂肪が少ないと美容面で困る一方、多すぎてもがんのリスクが心配。そこで「適度な量の脂肪」を得るためにオススメしたいのが、女性ホルモンの原料になる「オメガ3脂肪酸」を含む食材、良質な植物油やナッツ類です。

油そのものを選ぶときには、製法として昔ながらの「低温圧搾法」で作られた物が◎。
また、良質の油と言われるもののなかでもオススメな油が、フラックスオイルです。
毎日大さじ1杯、サラダにかけて摂取するだけで、健康体に近づけます。
油そのものではなく食品から油脂分を適当に摂取したいなら、アーモンド、くるみ、カシューナッツなどが積極的にとりたい食材です。
おやつ代わりにそのままつまんでもいいし、料理やお菓子づくりに取り入れて風味・食感を生かすのもいいですね。

おすすめ食品② 大豆製品
女性ホルモンのために、積極的にとりたいのが、大豆製品です。
大豆に含まれているイソフラボンは、女性ホルモンの不足を補ってくれるもの。
40歳をすぎると、女性ホルモンは徐々に減っていくので、毎日の食事に、ぜひ大豆製品を取り入れましょう。

まっさきに思い浮かぶのが豆腐や納豆、味噌やしょうゆだと思いますが、そもそも和食と相性がいいのが大豆製品の特徴です。
なのでよく知られたものだけでも他に、生揚げ、おから、ゆば、枝豆、高野豆腐など、さまざまなものがあります。
野菜や肉、魚などと一緒に、大豆食品をおいしく食べて、健康体を作っていきましょうね。

いつまでも健康で若々しくいたい。それは女性にかぎらず、すべての人の願いです。
でも、健康のためにと食事に気を配り、運動をしていても、それが義務のようになっては、かえってストレスになることもあります。
カラダによいとされていることは、毎日の生活の中で、無理なく、ご自身のペースで楽しみながら取り入れることが大切なのかもしれませんね。