香りの効果を活かして心地よい睡眠環境をつくろう

心地よく眠るための環境づくりに欠かせないもののひとつが香り。
人間の本能と密接に関係している嗅覚に、眠りのポイントがあります。

心地良い睡眠を誘うには

身近にある香りを取り入れてみるのがオススメ!
ラベンダーやカモミール、グアテマラやブルーマウンテンの香りに安眠効果があることがわかっています。

安眠の香り

夜、ベッドに入ってからの寝つきが悪いと感じている人も多いことでしょう。
快眠を得るには、日中の身体の使い方や、快眠環境作りが大切になります。
今回はそんな中でも、ハーブやコーヒーなど、嗅覚にうったえる香りによる快眠環境作りのお話です。

人間の五感のなかでも嗅覚は、睡眠欲など人間の本能と深い関係にある大脳辺縁系に刺激を与えると考えられています。
大脳辺縁系とは、7000万年前から、わたしたちの先祖が発達させてきた、とても原始的な脳のこと。

たとえば視覚や聴覚など、嗅覚以外の感覚は、脳の表面にある大脳皮質から、大脳辺縁系に伝わります。だから嗅覚が、人間の本能にいちばん早く、強く作用するのです。
そんな嗅覚の刺激によって、心地よい眠りをもたらせる具体的な香り、ここからご紹介していきますね。

コーヒーは飲まずに香りだけ楽しんで。

どのような香りが脳に変化をもたらすかという実験によれば、脳が穏やかに活動しているときに表れるアルファ波が高まる有力な香りが二つあります。
それが、「ラベンダーの香り」と「カモミールの香り」です。
いずれもアルファ波は高い数値を示すのだそうです。
脳を休ませ、睡眠に誘う働きがあるというわけですね。

そこで、これらのエッセンシャルオイルを枕に少し染み込ませたり、ラベンダーの葉を入れた小袋を枕元に置いておくと、快眠環境作りには効果的です。
また、ラベンダーの香りを取り入れた枕などもあるので、試してみるのもオススメですよ。

ところで、覚醒作用があり睡眠には適さない飲み物というイメージのあるのがコーヒーですね。
でも、「コーヒーの香り」には、脳をリラックスさせる効果もあることがわかっています。

6種類のコーヒー豆(ブラジルサントス、グアテマラ、ブルーマウンテン、モカマタリ、マンデリン、ハワイコナ)を使い、アルファ波がどれくらい出るかを調べたところ、もっともアルファ波が出たのは、グアテマラとブルーマウンテンだったそうです。

つまり、グアテマラとブルーマウンテンの香りをかぐと、安眠効果が得られるというわけ。
ただし、香りにリラックス効果があるといっても、強い覚醒作用のあるカフェインも含んでいるのがコーヒー。
なので、寝る前に飲んでしまっては逆効果です。

コーヒーを飲んで楽しむのは昼間だけにして、ベッドに入る前には、あくまでも香りだけを楽しんでみてくださいね。
健康のためにも美容のためにも、『香りから』心地よい環境作りをしていきましょう!

ラベンダーなどの香りを取り入れて、脳もカラダもリラックス。
きっと心地よい眠りにつくことができるはず。
でもさらに深く、質のいい眠りを得るには、寝具選びもこだわりたいですね。
当院では、整体のノウハウを活かし、寝るときの姿勢を整えて、より質の高い眠りをサポートできる枕を扱っています!
詳しくは当院スタッフまで!

寝るだけ整体枕

今回、快適な睡眠環境づくりのひとつとして、香りの効果をご紹介しましたが、花粉症対策としても、ハーブをブレンドしたお茶などが注目されています。
カモミールには抗アレルギー作用もあるので、安眠と花粉症対策としてオススメ!アロマポットなどを使って、室内に芳香を拡散してみるといいかもしれませんね