脇腹のたるみ…ひねって落としてシェイプアップ

スリムなウェストラインを保つには、腹筋やウォーキングだけでは足りません。
身体の引き締め効果をもたらす身体を「ひねる」エクササイズをご紹介します。

おなか・上半身・脇のたるみ対策には、普段おこなわない「ひねる」動作を採り入れたエクササイズが◎

脇腹のたるみ

スリムなウェストラインを保ちたい! 
そんな憧れを実現すべく、ぽっこり下腹対策をしている方は多いのではないでしょうか? 

関連の腹筋運動やサプリメントの知識は、市場に多く出回っていますね。
しかし、下腹の締まった方でも見落としがちなのが、脇腹のぜい肉。
お腹の正面はキレイに引っ込んでいても、スカートやジーンズの脇から贅肉がはみ出ていたら…残念ですね。

健康的で美しいボディラインを手に入れるためには、脇腹のたるみも解消したいものです。
「私は普段からよく歩くし、運動もしているよ!」
そんな人でも、脇腹だけはたるんでいたりします。
というのも、ウォーキングや腹筋といった直線的なエクササイズでは、脇腹は引き締めづらいんです。

じゃあどうしたらいいか。
脇腹のたるみは「ひねって落とす」を意識することで、初めて引き締まります。

脇腹のたるみは「ひねって落とす」

脇腹のたるみは、周辺の「腹斜筋」「広背筋」「腹直筋」という3つの筋肉を鍛えることで解消しましょう。
脇腹を支える3つの筋肉は、野球のバッティングなど、身体をひねるときに動く筋肉。
なので、ウオーキングや腹筋といった一般的な運動では、あまり引き締まりません。

でも一方で、身体をひねる動きは、日常生活ではほとんどおこなわれないもの。
だからこそ、たるみを意識的に「ひねって落とす」下記のエクササイズが必要です。
そこで、おなか・上半身・脇の各たるみ対策になるエクササイズをご紹介します。
いずれも左右順番におこなってみることが重要ですよ。

【おなか周りのたるみ対策】
①足を肩幅に開いて立ち、両肘を肩の高さに上げる。
②背筋を伸ばしたまま、上半身を限界までひねる。

【上半身のたるみ対策】
①足は肩幅に開き、上体を倒す。両手は水平に伸ばして。
②上体を倒したまま限界までゆっくりひねり、7秒保つ。
※このストレッチは背筋も使うので、肩、背中、腕なども引き締める効果あります。

【脇の下のたるみ対策】
①椅子に深く座り、両手を頭の後ろで組む。
②上半身をゆっくりひねり、7秒静止。
 肘を前に出さないようにするのがコツ。
※両手を頭の後ろで組むことで、脇から腰にかけての筋力をつけることができます。

この3つのエクササイズを実践して、脇腹の3つの筋肉を刺激し、スリムなウェストを作りましょう
(ただし!腰痛持ちの方は無理のない範囲になるようお気をつけくださいませ)。

たるみ対策には「ひねり」を加えたエクササイズが効果的ですが、たるみの前にそもそも姿勢が悪ければ身体のシルエットは残念なことになります。
でも姿勢の悪さはどうしたら!という方に、つけるだけで身体のゆがみを整え、姿勢もよくなる、整体効果のある足首サポーター「ABサポーター」をおすすめします。
整体のノウハウが活きてますよ!

画像の説明

通常12,960円(送料・税込)⇒¥限定特別価格! 詳しくは当院スタッフまで!

身体のたるみは、美容面の悩みとなるだけでなく、不健康の現れともいえるので、早めに解消したいですよね。
そのためには食生活と運動の両面に気を配るのが、最短ルートです。
そしてこれに、整体も加えればますます効果的!宣伝かよと思うかもしれませんが、整体によって身体の中の巡りを整えれば、老廃物の排出もはかどりやすくなり、たるみ対策にもなるんですよ!