身体のトラブルを食生活でリカバー

女性のトラブルの代表格である「冷え性」「むくみ」「便秘」
これら諸症状を改善する食材をチェックし、日々の暮らしに役立てましょう。

「寒気」対策に体温上昇効果ありのレバーや玉ねぎ!

「むくみ」対策に利尿作用の高い果物!

「便秘」対策に海藻などの食物繊維!

ベンピ浮腫

「何だか背筋がブルっと来た」
「歩きっぱなしの1日は、足の裏がむくんじゃう…」
「お通じがよくないなぁ」
などなど、暮らしのなかで身体のトラブルを覚えることって、ありますよね…。

そこで今回は、「冷え性」「むくみ」「便秘」といった、にっくき諸症状を改善する食事のお話です。
まず、急に寒気を感じてしまう「冷え性」ですが、原因は血のめぐりの悪さなので、血流を良くしたり、身体を温める食材の摂取が効果的です。

そして「むくみ」ですが、これは体内の余分な水が引き起こしますので、水分の代謝を助ける利尿作用のある食材の摂取がおすすめです。
また「便秘」については、体内の老廃物に水分を加え、柔らかく出しやすい便を作るのが効果的なので、食物繊維を摂りたいところです。

症状別おススメ食材一覧!

【「冷え性」対策に効く食材】
棗(ナツメ、気血を補い、精神を安定させる)
サンザシ、レバー、肉の赤身、黒砂糖(血を補う作用あり)
羊肉(気を増し、血行を改善。身体を温める)
玉ねぎ、もち米、イモ類、かぼちゃ(身体を温め血行を改善)
紅花(更年期障害による冷え性に効く。血液を浄化し気分をやわらげる)

東洋医学では、「血(けつ)」の不足や、循環の悪さが主な原因とされています。
冷えを解消するには、「血」を補う食材の摂取が効果的。
身体を温める食べ物で血行を改善するのもおススメです。
食材に火を通せば、身体を温める効果も高まります。

【「むくみ」対策に効く食材】
小豆、緑豆、そら豆の薄皮、スイカ、あしたば、梨など腎臓の働きが低下すると、水分代謝の悪化し、「むくみ」の原因である余計な水分がたまります。
利尿作用のある食材を摂ると、たまった水が出やすくなりますよ。
※スイカは身体の熱をとる作用があるので、冷え性の人は食べすぎに注意してくださいね。

【「便秘」対策に効く食材】
雑穀類、海藻類、きのこ類、たけのこ、れんこん(食物繊維が豊富)
きくらげ、青のり(解毒作用あり。便秘による肌荒れに)
ヨーグルト、青く硬いバナナ(腸内の善玉菌を増やして胃腸の働きを強める)
豚バラ肉(便通をよくする脂肪分が含まれる)

腸の働きが悪い人、体内に熱をためやすい人、身体が冷えやすい人に起こる「便秘」。
これを改善するには、食物繊維がマスト。
食物繊維の持つ水分が、便をやわらかく出しやすい状態にします。
適度な脂肪分も、スムーズな排便を助けます。

食材は健康だけでなく、美容の面でも重要です。
美を突き詰める一流モデルの方々は、「身体の中身を美しくし、肌の張りをよくする」を意識してるとか。

今回紹介した食材にしても、冷え性対策=血色の良化、むくみ対策・便秘対策=ボディラインの良化と、健康と美容を両立できる食材といえますね。
適切な食生活ほどコスパのいい健康・美容促進法はそうそうありません。