老化を撃退!簡単エクササイズで脳を鍛えよう

「いつまでも若くいたい」。
そのためには、脳の動きと身体の動きをリンクさせることが大切。
普段使わない筋肉をエクササイズで活性化し、老化を防止しましょう。

老化現象を防止するため

「普段使わない筋肉」を次のようなストレッチで日々ほぐしましょう!

【脚の血流を改善するストレッチ】

【下半身全体の血流を改善するストレッチ】

【下半身を含めた全身の血流を改善するストレッチ】

ストレッチ

若さを保つには、脳を刺激するのが一番。そして脳を刺激するには、普段使わない筋肉を使うのが一番です。
慣れない動作で血流を良化すれば、それに順じて頭のなかも活性化されます。その結果、老化を防げるのです。

そこで、若さキープに繋がるおススメの誰でもできるエクササイズとして、以下の3つがあります。
・右手右脚、左手左脚を同時に動かす「なんば歩き」
・バランスを取りながら後ろ向きに歩く「後ろ歩き」
・両腕両脚を伸ばし、仰向けに寝て、両脚を揃えて床の上を回転する「ゴロゴロ体操」

血流をよくすれば、脳を活性化させられます。特に重力のため滞りがちな脚(下半身)の血流は、上のようなエクササイズで促進するのが吉。
脚の運動で全身の血流を活発にすれば、脳に栄養をスムーズに運べるようになります。

「思うように動かない」を防ぐには

ところで、脳の活性化&老化撃退に効果的なエクササイズとして、家でもできるストレッチがいくつかあります。

【脚の血流を改善するストレッチ】
・仰向けに寝て、片方の脚を伸ばし、もう片方の足首を胸の上に引き寄せます。
・その姿勢で5秒間キープ。反対側も同じように。

【下半身全体の血流を改善するストレッチ】
(バランス力アップ、足腰強化効果もあり)
・片脚で立ち、もう片方の脚を上げて八の字を描くように回転させる。※膝は曲げないように注意

【下半身を含めた全身の血流を改善するストレッチ】
(肩こりや腰痛予防、バストアップ効果もあり)
・片脚を一歩前に出し、つま先を立てる。
・後ろの脚に体重をかけ、手を顔の前で交差させ背中を丸めるように。
・前に出した脚に体重を移動させ、ゆっくり両手を下ろして胸を張る。
・顎を上げ、背筋を伸ばす。

これらの他にも、「肘を曲げて手のひらを上に向け、外側へ回しながら身体の横へ移動させる」「両ひざと背筋を伸ばして座り、片足をもう片足の膝の外側につけ、5秒キープ」など、普段しない複雑な動作はおススメです。

このような動きをすると、頭のなかでのイメージと実際の身体の動きがバラバラになりがちですが、回数を重ねるごとにそのズレが少なくなります。
これこそ、脳からの情報発信と身体の動きがリンクした証拠です。

健康体の維持・向上のために、「普段使わない筋肉」を使うことを意識しましょうね。
老化した際にありがちな「思うように体が動かない」という状態の予防は、体を使うことからです。

ただ寝るだけで体のゆがみがとれる?!そんな画期的な整体方法が、実はあるんです。
秘密は「頸椎」。
この「寝るだけ整体」は、特殊な構造で頸椎にかかっている負担を解消することで、全身を瞬時にリラックス。
とっても簡単だから毎日だって続けられます!
まだ体験してない?あなたも一度体験したら病みつきになってしまうかも?

画像の説明

話題の「寝るだけ整体」⇒ 初回無料体験できます! 詳しくは当院スタッフまで!

適度なエクササイズは、筋力アップや脳の活性化だけでなく、腰痛や肩こりの治療にも繋がります。
例えば、しゃがんだ体勢で複雑な動きをするプロ野球のキャッチャーの場合、股関節のストレッチを欠かさないことでけがを防止しているとか。
健康な身体作りのためにも、よく使う部位のストレッチや、普段使っていない部位をほどよく使う使うエクササイズを心がけたいですね。