快眠生活には、ぬるめのお風呂とストレッチがマスト

仕事や勉強のパフォーマンスを上げるには、睡眠が不可欠です。
そんな睡眠の質を高めるポイントが、入浴とストレッチに隠れています。

快眠を得るには

体温のメリハリをつけるために次のような体温のメリハリをつける行動が効果的!
1.寝る1~2時間前にぬるめ風呂に20~30分浸かる
2.入眠前に軽いストレッチを行う

入浴

日中の仕事のパフォーマンスを支えるものに、「いい睡眠」があります。
寝ている間に、1日の頭や身体の疲れをしっかり取りたいですよね。

そんないい睡眠をとるには、睡眠前の身体から緊張感や張りをほぐすことが重要となります。
そのために重要なのが、以下の2つ。
 ①入浴
 ②ストレッチ

どちらも身体の緊張や疲れをしっかりとほぐしてくれます。
しかしその効果を高めるには、コツがあります。
睡眠の1~2時間前に入浴し、入眠する前の軽めのストレッチで呼吸を整える。
このサイクルがいい睡眠を生むのです。

でもそれぞれにさらに細かいコツがあります。
お風呂については、38~39度くらいのお湯に20~30分浸かるのがベストなのです。
なぜ、入浴が寝つきをよくするのでしょうか。
体温のリズムを紐解けば、それがわかります。

ぬるめのお風呂にゆっくり、ストレッチは軽め。

身体の深い部分の体温は、昼間の活動を通して上昇します。
それが夜に向かって下がるなか、眠気が生まれます。
そして、その温度の上下にメリハリをつけるのが入浴なのです。

下降する体温を入浴で引き上げ、少し間を置いて再び体温を下げます。
メリハリのある体温の上下動によって、深い眠りをもたらすのです。
だから入浴の時間は、入眠の1~2時間前になります。
お風呂から出てリラックスする間に、じっくりと体温を引き下げてゆくのです。

なお、熱いお湯に入ると自律神経を覚醒させ、体温が上がり過ぎてしまい逆効果になるので要注意です。
また、ハードな仕事やストレスで眠れない日が続いた時は、 20~30分ほどかけて、ゆっくり湯舟に浸かりましょう。

何もせずに、リラックスすることを第一に考えるのが◎。
少し暗くして、アロマキャンドルを浮かべてみるのもいいですね。
ゆっくりとお風呂につかった後は、ストレッチ。
落ち着いた環境でリラックスした時間を過ごしましょう。

目の緊張をほぐすため、パソコンやテレビのスイッチはオフにしたいですね。
また、ストレッチに限らず、ヨガ、ツボ押しなどもおススメです。
体温が下がり始めるタイミングで、身体の緊張をときほぐしてくれますよ。
ゆったりとした気持ちで、呼吸に合わせて行うのがコツです。

なお、ジョギングや筋力トレーニングなどの激しい運動はNGです。
下がり始めた体温を上げてしまいます。
体温と緊張のバイオリズムに即した入浴とストレッチ、快眠におススメですよ!

入眠1~2時間前のお風呂タイムや入眠前の軽いストレッチなどで身体をほぐしたら、あとはぐっすり眠るだけですね。
ここからさらに眠りの質を高めたいなら、寝具にこだわるべきです!

当院では、整体のノウハウを踏まえて、寝る時の姿勢を正し、睡眠の質をより高めることができる枕を、今だけ特別価格で扱っています! 

寝るだけ整体枕

通常32,400円(税込)⇒¥限定特別価格! 詳しくは当院スタッフまで!

今回、快眠に向けて寝る前の入浴法とストレッチをご紹介しましたが、ストレッチって本当に身体にいいのです。
実はトッププアスリートの方々も、トレーニング後に行うことで、交感神経を沈め、筋肉の張りをほぐし、怪我の予防や能力向上効果を得ています。
日常の中にストレッチをうまく組み込めば、快眠はもちろん健康も維持向上できますよ。