気持ちよく眠るためには、寝る前に摂取する食事が重要

疲れをとりたい、肌を綺麗にしたいなど、夜の快眠を得るためにいろいろな努力をされる方も多いはず。今回はそんな方に役立てていただきたい、寝る前の食事のポイントをご紹介します。

寝る前の食事のポイント

・夕食は寝る2~3時間前には済ませましょう。
・寝る前の食事は消化のいい雑炊などがおすすめ
・寝る前の飲料は水・牛乳・ハーブティーが睡眠の質向上に効果的

雑炊

安眠のためにも健康のためにも、毎晩の夕食は、寝る時刻の2~3時間前にはすませておくことが重要です。夕食から寝るまでに時間があく場合でも、夜食はできるだけ控えたほうが無難でしょう。

そもそも寝る直前に食事をとると、消化活動のために就寝後も胃が働き続け、興奮状態になってなかなか寝つけなくなってしまうのです。
また逆に胃が空っぽだと、消化のためのエネルギーが胃腸で不要となるため、血液がすべて脳に集まってきてしまい、今度は脳が覚醒状態になってしまいます。

ただ、帰宅時間が遅く夕食から就寝までの間隔が短くなる人も多いはず。
急いで食べるためにレトルト食品やインスタント食品などに頼れば、添加物などが安眠を邪魔することもあります。かといって、何も食べないのも不健康ですので、何かしら摂取したいですよね。

快眠は身体をいたわる食事・飲み物選びから

そこで、夜遅い時間の夕食や、寝る前にどうしてもお腹が空いてしまった場合に、睡眠への影響が小さい夜食について、ご紹介しましょう。

まず、寝る前に何かを食べるなら、胃腸の活動が出来る限り軽く短時間で済むよう、消化のよいおかゆ、雑炊、お茶漬けなどがお勧めです。
一方で、唐辛子系の辛い食べものは避けましょう。

唐辛子に含まれるカプサイシンは体温を上げてしまうため、快眠に必要な体温低下を得られなくなるのです。また、寝る前の軽い空腹を抑えるには飲み物もおススメです。
特に、睡眠の質を高められる飲料は以下の通り。

<水>
ぐっすり眠るために体温を下げるには、寝ている間に適切に汗をかけることが大切。
そのため事前の水分補給は欠かせません。寝る前のコップ1杯の水で効果的です。

<牛乳>
牛乳のタンパク質が分解されてできる物質は、中枢神経などに作用し、眠りを誘うといわれています。
強いストレスや緊張があるときは、ホットミルクを飲んで寝ると、気分がリラックスし、安眠へと誘ってくれますよ。

<ハーブティー>
眠りにつく1時間くらい前に、温かいハーブティーを飲むと、ゆっくり体温を上げて心身ともにリラックスし、自然な眠りにつくことができます。
ただし、ハーブの中には逆に神経をたかぶらせるものもあるのでご注意を。

なお、<お茶>や<コーヒー>は寝る前の摂取をおススメしません。
カフェインが含まれ、神経を覚醒させて睡眠の妨げになります。
熟睡を意識したいなら、夕方以降はカフェイン入りの飲み物は控えるほうがベターですよ。

忙しい日は夜遅くにスーパーの見切り品のお惣菜を夕食にしてしまったり。
逆に夕方に時間を作って夕食を食べた後、働いてお腹が空いて夜食も食べてしまったり。

今回のテーマを自分ごとと思って、セルフマネジメントをしっかりしな
きゃと思う今日この頃です。
物事を成し遂げるには健康が大事であり、健康は日々の習慣から。食生活に姿勢に、気を配って生きたいですね。