呼吸の仕方一つで、健康&美肌を得られる

健康体や美しい身体を目指し、様々なトレーニングやケアに力を入れている方も多いですね。
でも、生きるために誰もがする「呼吸」に着目すれば、手軽に身体が変わるかもしれません。

セロトニン分泌を促す深い呼吸<胸式呼吸

胸式呼吸を日々の習慣として行うことで、心身の安定を図りましょう。

胸式呼吸

現代人をむしばむストレスからか、実は今、「上手に呼吸ができていない人が多い」とされています。
深い呼吸が上手にできないことでリラックスできず、心の病に陥ってしまうこともあるのです…。たかが呼吸と侮ってはいけません。

そもそも呼吸とは、空気を吸って酸素を血液に送り込み、体内の二酸化炭素を排出する生命活動です。そして同時に、実は自律神経にも深く関係する動作でもあるのです。

たとえば息を吸った時は、体を緊張させる交感神経が優位に立ち、息を吐く時には体をリラックスさせる副交感神経が優位に立ちます。
ゆっくり深~い呼吸をすることで副交感神経を刺激でき、この結果脳内で、ハッピーホルモンや幸せホルモンと呼ばれているセロトニンの分泌も促進されます。

この脳内物質セロトニンには、ストレスや傷みを緩和し、不安な気持ちを抑えてくれる作用があります。セロトニンが分泌されることで、脳が安らぎ心も安定するのです。
心が安定すると、体の緊張が解け筋肉もほぐれ、血の巡りが良くなるので、細胞自体が元気になり、これにより美肌効果も期待できます。

さて、ここまで読んで気になるのは、セロトニン分泌を促せる上手な深い呼吸の方法ですよね。
そもそも呼吸の方法には、おもには胸式呼吸、腹式呼吸、逆腹式呼吸、片鼻呼吸などがあります。

今回はこのうち、ピラティスでも用いられることの多い<胸式呼吸>の方法をご紹介しましょう。
<胸式呼吸>の方法は次の通り、簡単です。

1・床や椅子に座り骨盤を垂直に立てる。両手を左右から肋骨に。
2・鼻から息をゆっくり吸い込みながら、肘を後にひいていき、肩甲骨を中央に寄せていく。
  息を吸う時は、絶対にお腹を膨らませないように!しっかり硬く引き締めて息を吸う。
3・お腹が引っ込んだ状態のまま口から自然に息を吐く。
  肋骨がもとの位置に戻すように左右から肘で軽く押すようにして、最後まで息を吐き切る。

最初はお腹を引っ込めたままで息を吸って吐くことが難しく感じるかもしれませんが、必ず慣れますのでぜひチャレンジしてみてください。

ちなみにこの<胸式呼吸>には、深い呼吸が出来るという効果に加えて、インナーマッスルを鍛えて筋肉を大きくし、代謝を上げる効果も期待できるとされています。
つまり身体の基礎的な消費エネルギーが増えるということ。だからダイエットにもつながるんですよ。

なんだか体調が悪い、なんだかお肌のハリが・・・など日々気になる身体の不調は、身体の骨格・構造に問題が潜んでいる場合があり、生活習慣改善やトレーニング、整体などの体内からのケアによって、根本的に対応したいものです。

当店では、骨格の中でも重要な足首の整えに役立つ整体器具として、『ABサポーター』をおすすめしています。

画像の説明

通常12.960円(送料・税込)⇒¥限定特別価格! 詳しくは当院スタッフまで!

子供のころ、ラジオ体操や学校の運動前の体操で、深呼吸をしましたよね。
当時はなんのためかわからず、ふざけたり中途半端に身振りだけしていた気がしますが、呼吸ってやっぱり重要だと大人になって思います。

今回ご紹介したように健康面でも影響するし、スポーツや仕事の勝負で力を発揮するためにも、影響してきます。大人になればこそ、「呼吸」を大切にしたいですね。