肩がこったら肩ではなく二の腕の後ろを押すべし

毎日同じ姿勢をしているせいか、肩こりがひどい。マッサージしても一瞬気持ちいいだけで、しばらくしたら痛くなる。。。そんなお悩みを持つ方へ。肩こりの解消法をお教えします。

肩こりが気になるときは

家族やパートナーに協力してもらって二の腕を足で踏んでもらい、体液のよどみを取り除きましょう!

二の腕

美容院で首や肩のマッサージを受けること、ありますよね。
それほど凝っていないときは、気持よくて寝てしまいそうになりますが、肩や背中がカチカチにこり固まっているときなどは、家に帰ってから、頭痛がしてきたり、気分が悪くなったり、前より痛くなったり…ということもあるのでは。

実は、凝っている肩を揉む行為は、排水溝にたまったヘドロをかき回すようなもの。
かき回してもらっている間は気持ちいいのですが、問題はその後で、かき回したヘドロ(=老廃物)を流さなければ意味がありません。

そして、ヘドロをかき回しただけになるから、マッサージの後で諸症状が出るのです。
基本的なマッサージ技術を学んでいることも多い美容師さんのマッサージでも、そうなのだから、素人が肩こりを治そうと思ったら、工夫が必要ですね。
ただ揉むのではなく、たまった老廃物を流すことを意識したマッサージが重要なのです。

肩こりの原因は、周りの筋肉の凝りにある!?

そこで、肩こりを自分の力で解消するのに役立つマッサージが、「二の腕プッシュ」です!
これ、誰でも簡単にできちゃいます。
肩がこっていても肩には一切触れず、「立ったまま足で踏むだけ」というお手軽さなのです。

ただ、足で踏むので一人ではできませんが、する側もされる側も、テレビを見ながら楽にできちゃいますよ。
ちなみに、マッサージを受ける側は、椅子に座ってではなく、横になるのがベターです。
できるだけ身体の緊張を和らげて行ったほうが効果的ですからね。

そして気になる踏む場所ですが、「上腕三頭筋」です。
力こぶと呼ばれる部位の裏側、いわゆる「振り袖」の部分ですね。
踏み始めても最初は痛みも全くないため、ここでいいのかと思うかもしれません。

しかし、2~3分も踏まれていると、腕の中央に、固い鉛筆のようなしこりが縦長に走っているのが、自分でも徐々にわかってくるでしょう。

これが上腕三頭筋です。
上腕三等筋

筋肉というと力こぶをイメージすると思いますが、力こぶをつくるのが上腕二頭筋、それを陰からコントロールするのが、上腕三頭筋。
上腕三頭筋は、二頭筋に比べると目立たない場所でめったに意識しません。
意識されないから、ほうっておかれることが多い。そのため、凝ってしまいがちなのです。

そして、放置された上腕三頭筋の凝りが、なんと肩こりとして出てきます。肩こりの原因は、肩につながる筋肉たち(また骨格)の不調なのです。
なお、上腕三頭筋は放置されやすいことから、脂肪やセルライトもたまりやすく、結果として付近の血行やリンパの流れが悪くなりがちです。
なので、家族やパートナーがいる場合は、できる限り定期的にお互いにマッサージするのもおススメですね。

これを履くだけで姿勢やスタイルが良くなり、しかも足腰が動きやすくなる?!秘密はアキレス伳にあり。
足腰や膝の痛み、ふくらはぎがパンパンでお悩みの方や足つぼ道具やマッサージチェアはイマイチ…という方に、とくにおススメ!

画像の説明

病みつきの方、続出中!まずはこれをつけて30秒足ぶみエクササイズ!
「足腰のお悩み解消エクササイズ」⇒無料で体験できます! 詳しくは当院スタッフまで!

肩こりがひどいということで当院に来られる方はとても多いです。
パソコンやスマホを長時間同じ姿勢で見ていることで、体液のよどみが生じているのが原因の場合も多いですね。

姿勢を気をつけたり適度な運動をすることで、体内のよどみを減らすのが効果的ですが、痛みやコリ・むくみが特に気になる部位があれば、短期・長期の改善に向けて当院でサポートします。