健康のためには食べる順番も重要!

どんなものを食べるかを意識されている方は多いはず。
では、どんな順番で食べるかを意識されていますか?
美と健康の維持には食べる順序や速度だって大切なのです。

食事で健康を維持したいなら

・1口当たり30回噛みましょう
・順番は 野菜→肉・魚→米など主食 としましょう

野菜を食べる

最近になって「食事の際にはまず野菜から食べましょう」という言葉をよく聞くようになったと思いませんか。この言葉にはきちんとした理由があります。

食事の際に、まず野菜などに多く含まれる食物繊維が体内に摂取されると、その後に糖分や脂肪分を摂取した際に吸収速度をおさえ、血糖値の急上昇をおさえます。

血糖値の急激な上下は、肥満の原因にもなりますし、血糖値を下げるために体内でインスリンが急激に分泌されると、糖尿病の発症の原因になるともいわれます。

さらに、食後の血糖値の大幅な上昇は動脈硬化のリスクを高め、心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病を引き起こしたり、老化の原因になることもわかってきています。
そこで、食事は野菜から食べてまず食物繊維を摂取するのが、こうした病の予防に役立つのです。

糖や脂の前に食物繊維をまず摂取するのが肝!

ちなみに食事の際は、一口あたり30回噛むなどゆっくり食べることもとても重要。
これはインスリン分泌を抑える上でも有効ですし、ゆっくり何度も噛むことで満腹感が得られるという効果も得られます。
ダイエットを考えているなら、食事はまず野菜から。
そして一口に30回以上噛むことからスタートしてみるといいですね。

ここで具体的な食事の順番を考えて見ましょう。
サラダや付けあわせ野菜がある場合には、まずこれを。次にメインとなる肉か魚料理を食べます。
そして最後に、ご飯やパンといった炭水化物をとるようにしましょう。

考えてみれば日本伝統の懐石料理は、だいたいがこの順番でお料理が運ばれてきますよね。
どうりで和食は体にいいといわれるワケです。

例外の野菜もある!

なお、健康のためにも野菜から先に食べる食べ方がすすめられているといっても、例外の野菜もあります。それは「じゃがいも、さつまいも等のいも類」と「とうもろこし」です。

これらの野菜は主食代わりにもなるように、炭水化物や脂質も豊富に含まれています。
食物繊維も豊富ではありますが、脂質や炭水化物の前に食物繊維をという流れにならないのです。

なので、ポテトサラダや茹でとうもろこしについては、主食だと思って最後に摂るようにしましょう。また、サラダと言ってもマカロニサラダもまた別。マカロニは炭水化物ですので、主食になります。

ちなみに、野菜から先に食べたからと安心して、肉や炭水化物を食べ過ぎてしまえば、栄養過多になりますよ!食べる量も腹八分目を意識してくださいね。

美味しいものを食べたいだけ食べる。これほど幸せなことはないです。
お肉好きなら、頑張った日やストレスがたまった日に、焼肉屋で羽目をはずすこともあるのでは。
ただこれが毎日だと、身体的な不調が出るかもしれないですね。
逆に、控えすぎても精神的な不調につながるでしょう。
健康のためには、常にバランスがいい、より長い目で見てバランスいい位でいいかも、とも思います。