野菜や果物の皮や根っこも一緒に食べる効果とは?

ふだん料理をするとき、果物の皮はむいて捨てる、野菜は根っこや一部の茎を捨てるのが習慣になっていませんか?
でも実は、どちらも残さず食べたほうが体に良いんです。

便秘解消やアンチエイジングを食事で図りたいなら

「リンゴは皮ごと」「さつまいもも皮ごと」食べる!

リンゴは皮ごと

食欲の秋!海に山に美味しい秋の食材が出回る季節ですよね。
そんな秋の甘い味覚といえば、果物では「リンゴ」、野菜では「さつまいも」あたりが人気・・・ですが、これら普段どうやって食べてますか?

たとえばリンゴを食べる時、「まず皮をむいてカットして…」という方が大半でしょう。
でも実はこれだと、プロシアニジンと呼ばれるポリフェノールの一種をたくさん捨ててしまっていることになります!

リンゴの皮のすぐ下に、この成分がたくさん含まれているのです。
このプロシアニジン、脂肪の蓄積を抑える力、ガン細胞を死滅させる力があることが研究で明らかになりつつある成分です。

しかも老化の原因とされる活性酸素の分解にも役立つとも言われています。
美しく健やかな身体を得たい・維持したいなら、リンゴはよく洗ってからツヤツヤ皮をむかずに、皮ごといただいちゃうのがおすすめですね!

夕食は早めの時間にあっさりと

さつまいもでもリンゴと同じことが言えます。さつまいもの紫色の皮の成分は、ポリフェノールの一種であるアントシアニンなのです。

強い抗酸化作用があり、アンチエイジングにも役立つことは、よく知られていますよね。
まさに美容の味方ともいえる成分です。

さらに、同じくポリフェノールの一種で、抗酸化作用があるクロロゲン酸も、さつまいもの皮には肉質部分よりも多く含まれているとされます。

これからサツマイモを食べる時には、リンゴ同様に皮ごと一緒に食べたいですね。
もし皮ごとはちょっと苦手かもと思ったら、皮も一緒に食べるのが普通なお菓子、大学芋を食べるという手もありますよ。

ただし実は、さつまいもの話はこれで終わりではないんです。
さつまいもは栄養価がとっても優れた野菜。
米や小麦といった穀類と同じように糖質を含む上に、ビタミンやミネラルも豊富です。

たんぱく質・脂質こそ少ないですが、それ以外の人体に必要な栄養素を多く含むため、準完全食品とも言われる、すごい野菜なのです。
なお、リンゴやさつまいもに限らず、果物・野菜はできるだけ丸ごと食べたほうがいいという考え方があります。

これを「ホールフード」といいます。様々な果物・野菜において、果肉・肉質部分よりも皮・茎・根っこに、老化や病気を防いでくれる成分が多く含まれる傾向にあり、それを全て生かそうという考え方です。

ちなみに野菜の皮や茎、根っこの部分が食べにくいという場合は、調理の度に切れ端を冷蔵庫にキープして、ある程度たまったら全部一緒に煮込んで野菜スープを作るという方法もありますよ。
皮や根っこは食物繊維の塊でもあるので、この野菜スープを食べれば便秘解消の効果も期待できますね。

無農薬食品、自然派食品、登山、ランニングと、健康に気を使う人々の思いはブームとなって現れますよね。でも、思うんです。
どれも楽しめているうちは健康的だけど、義務感ややらなきゃという意識に変わってくると、むしろ不健康なんじゃないかなと。
何事も無理にならない程度に、できる範囲でコツコツ続けていくこと、続けられることを続けることこそ、重要ですよね。