夕食を楽しみつつ快眠も得る秘訣

一日のおわりの夕食は、楽しく会話しつつ美味しいものをたくさん食べてしまいがちですよね。
でも少し間違うと快眠の妨げになります。そうならないための夕食のポイントとは・・?

夕食を楽しみつつ、快眠も得たいなら、

次の3つのポイントに気をつけましょう。
・寝る3時間前までに食事を済ませる
・こってりしたものやカフェインを避ける
牛乳・はちみつ・卵を副食として組み合わせる

画像の説明

一日三食の中でも、お夕飯は時間的な余裕、一緒に食べる人の存在、お酒を飲めるなどの理由から、たっぷり食べることも多いですよね。
でも何も考えずに食べて寝ると、疲れがとれない睡眠になってしまいます。

食事でお腹が満たされてくると眠くなりますが、それは摂取した炭水化物や糖分がブドウ糖になり、脳を刺激して満腹感をもたらす成分を出させ、副交感神経を優位にさせることによります。

この状態、確かに眠いから眠れるのですが、得られる睡眠は実は質が低いのです。
理由は、食事を栄養にするために、食後の胃腸には負担がかかっているから。

食事によって活発になった胃腸の活動が収まる前に寝ると、当然胃腸は休まらないですし、また本来眠っている間に体中の老廃物質を運び出したり栄養を送る血液が胃腸に集まった状態に。
結果、十分には疲れがとれない眠りになってしまうのです。

夕食は早めの時間にあっさりと

ではどんなふうに夕食をとれば、ぐっすりと気持よく寝られるしょうか?
まず食事を、寝る3時間前、理想としては4時間前までに済ませることです。
0時には寝るという生活リズムの方なら、21時までに食べ終えればベ
ター、20時までならベストですね。

ただ、早い時間にごはんを食べると寝る前にお腹が空いてしまう、ということもありますよね。
その場合は、たとえばクラッカーのような軽食を1~2枚を、温かいミ
ルクと組み合わせて食べると、胃腸に負担にならずに空腹感を抑えられておすすめですよ。

ところで、唐揚げやカツのような消化に悪くて高カロリーなものを食べると、胃腸への負担がかかる時間も量も増えます。
なので、こってりした脂物は快眠のためには夕食では避けたほうが無難ですし、食べるとしても早い時間に食べるようにしましょう。

またカフェインも、交感神経を刺激して眠りにつきにくくさせるので、カフェインを多く含むコーヒー・紅茶・緑茶といった飲み物は夜は避けるのが無難です。

一方で、睡眠の質を良くする食材もあります。
例えば卵の白身、牛乳、蜂蜜などを副食として食べると◎。
これらの食品には「トリプトファン」が豊富に含まれます。
体に入るとセロトニンとメラトニンに変わって精神を鎮め、睡眠効果をもたらすホルモンなんです。

さらにこのとき、炭水化物も摂取するとベター。
炭水化物は体内でブドウ糖となり、トリプトファンを脳に送り込んでくれます。
夕食を消化がよくて炭水化物とトリプトファンを含んだ食材中心にし、早い時間に食べれば、安らかで心地よい眠りが得やすくなりますよ。

子供の頃は好きなものだけ食べていたいと思い、お菓子もたくさん食べたものです。
大人になっても好きなモノだけ食べたいのは変わってないような気がしますが、子供の頃より好き嫌いがなくなったんですよね。

苦手だったはずのナスやピーマンのような野菜も好物だし、逆にスナック菓子は体が受け付けなくなってきました。
やっぱり大人になると体も健康を求めるのでしょうね。