骨盤のゆがみはむくみや腰痛の原因に

最近からだのむくみがひどくてパンパン。。などという場合、悪い姿勢や歪んだ骨格により、体液循環が悪化している可能性があります。今回は骨盤のゆがみに焦点を当ててみます。

骨盤の歪み

立った姿勢でも座った姿勢でも、悪い姿勢は骨盤のゆがみをもたらし、股関節の圧迫によるむくみや腰痛を引き起こします。まずはセルフチェックで歪みの状況を調べてみましょう。

骨盤矯正という言葉を聞いたことはありますよね。
整体のメニューとしてもよくありますし、ダイエット関連のサイトや雑誌などでもよく扱われるテーマです。

矯正の目的は、骨盤のゆがみを直すことなのですが、そもそも骨盤のゆがみとはどういう状態かわかるでしょうか?
本来は円錐型の漏斗のような形をしている骨盤が、いびつでゆがんだ形になっている状態といえます。

そして骨盤がいびつになっていると、足の付け根の下のほう、股関節にあたる部分が圧迫されます。結果として、動脈・静脈やリンパ管の体液循環がスムーズに行われなくなってしまいます。

関節は身体の各部分が関連しあう繋ぎ目。
体液にとっては、流れていく途中の関所のようなものです。

中でも股関節は、胴体と足をつなぐ重要な間接ですので、いびつな骨盤によりスムーズに流れなくなると、身体全体に影響が出てきます。

悪い姿勢も体液循環を阻む原因となる

ゆがんだ骨盤は股関節へ悪影響を与えますが、悪い姿勢で立っている(下腹を前に突き出していたり、猫背の状態だったり)と骨盤を歪ませたり、股関節に偏った力、本来かかるべきでない力をかける原因にもなります。

そしてその結果、腰の痛みを引き起こすことがあるのです。
これは、偏った力が股関節の中を通る血管やリンパ管といった管をつぶし、下半身の血液やリンパ液が上半身へと戻りにくくなり、体液の循環障害により腰が重く、だるく感じさせることによります。

また座っているときは、この悪い姿勢による悪影響が特に強くなります。
デスクワーク、車の運転など、長時間にわたって、悪い姿勢で過ごしてしまうと、立っているとき以上に、関節が不自然に締めつけられることになるからです。

そして関節をスムーズに通過できなかった体液は、次第によどみ、血液中の血漿という成分が、血管やリンパ管からはみ出して皮下に溜まります。
これがいわゆるむくみの正体で、老廃物が流れずにたまっている状態です。

骨盤の状態をセルフチェック

それでは最後に、自分の骨盤の状態をセルフチェックできる方法をご紹介しましょう。

①八つ折りのタオルを、身体の左右片方ずつの坐骨の下に交互に置いて座り、以下の(a)か(b)か判断する。

(a)右にタオルを置いているときに安定する→右側の腸骨が後ろに傾いています。
(b)左にタオルを置いているときに安定する→左側の腸骨が後ろに傾いています。
※対症療法ですが、安定する側にタオルを置いて座る生活をすれば、普段の骨盤のゆがみが少なく済みます。

自然治癒力の低下をもたらす身体の歪み(本来あるべきではない力がかかった状態)ですが、直すためには一回何かをするというより、継続して正しい力がかかるようにすることが重要です。

整体を受けていただくにしても、普段の生活で正しい姿勢を気をつけていただくにしても、継続・反復によって効果が出てきます。地道にコツコツ、末永く健康な身体をつくっていきたいですね。

これを履くだけで姿勢やスタイルが良くなり、しかも足腰が動きやすくなる?!秘密はアキレス伳にあり。足腰や膝の痛み、ふくらはぎがパンパンでお悩みの方や足つぼ道具やマッサージチェアはイマイチ…という方に、とくにおススメ!

病みつきの方、続出中!まずはこれをつけて30秒足ぶみエクササイズ!

サポーターAB

「足腰のお悩み解消エクササイズ」無料で体験できます!
詳しくは気楽堂院長、八幡まで!