体は自分の力で『治る』能力がある

マッサージや薬の塗布は、その場しのぎのにしかならないことも多いです。
大切なのは、からだの不調の原因に対して身体自身が治す働き、自然治癒力を高めることです。

人体が持つ自分で治る力

自然治癒力を高めるためにも、血液やリンパ液といった体内の流れが淀まないことが重要。

日常の姿勢を整えるところからはじめて、必要に応じて専門家による骨格矯正も受けつつ、体のゆがみを整えていきましょう。

自然治癒力

肩こりがひどくて、頭痛がするほどつらい。
そんなとき肩の部分をマッサージしてみると、一時的に心地いいのだけど、また痛みが舞い戻ってきますよね。
その理由は、「肩こりの原因が肩にない」からです。

たとえば、腰痛の原因を探していったら、昔捻挫したときに重心軸がずれていたことが元になっていたというケースがあります。

外反母趾はハイヒールのせいだと思っていたら、実は股関節のずれだったということもあります。

五十肩にしても、原因は以前に痛めた膝からきていたという人もいます。

今痛い箇所と違う部位の、昔の傷に原因があったという例は、私たちが思っている以上に多いのです。
座り仕事が多い現代人は、姿勢の悪い人もいっぱい。

悪い姿勢は体内の血管やリンパ管をつぶし、流れを悪くし、徐々によどませてしまいます。
よどんだ流れが全身におよんだ段階で、肩がこったからとその部分だけをマッサージするのは、木を見て森を見ない状態だとわかりますよね。

健康体は、体液の流れの改善から

いまいち原因がわからない身体の微妙な不調を感じたら、体内の流れのよどみを改善することに注力しましょう。
それが治療、回復への最善の方法であり、近道です。

身体は一つひとつのパーツが独立しているのではなく、すべてのパーツが互いに関わりあい、つながりあって機能している、全体で一つのものであるということを意識してみてください。

結果、昔の捻挫→膝の痛み→腰痛→肩こりというプロセスを経て症状が起こってきているのであれば、捻挫や捻挫によって生じている体液のよどみの原因を治すことで、他のすべての症状も改善されるのです。

ところで、私たちの身体には「勝手に治る」という素晴らしい力があります。たとえば、包丁で指を切ってしまったというとき。

私たちは自分で傷を治しているでしょうか。
せいぜい塗り薬を塗るか、バンドエイドを貼るぐらいですよね。

そう、身体は私たちが頼まなくても、勝手に自分自身を修復するように、働き始めているんです。

人の手を借りるべきなのは、たとえば骨盤のような自分では容易に整えられない骨格を、正しい位置に戻したいときなどです。

治療院等の専門家は、骨格を正しい位置に落ち着くように戻すことで、
その人の体が自分で治す力=『自然治癒力』を高められるようにしています。

身体のどこかに痛みを感じたときは、身体が治りやすい環境、自然治癒力が強化されるような環境をつくってあげることこそが大切。

痛い場所だけに目を向けるのではなく、体液循環を改善し、全身レベルで自然治癒力を高めていけるように、という考えで症状に対応すれば、本質的な健康体の獲得に繋がりますよ。

自然治癒力という言葉

意外と聞いたことがある方もいると思います。
でも、どうやったら自然治癒力を高められるかを知っている方はそれほどいらっしゃらないのでは。

今回のテーマはまさにそんな力の本質を紹介したものでした。
そして効果のある整体というものはまさにそこにアプローチします。

自然治癒力を高めることで、日々を心地よくイキイキ過ごして生きたいですね!