すっきり目覚めて『朝型人間になれる方法』とは

一言で不眠といってもその症状も原因も人それぞれ。
実は不眠には大きく分けて4つのタイプがあるのですが、今回はそのタイプの紹介とタイプ別の「枕の影響」をご紹介します。

貴方の不眠のタイプは以下のどれ?

①入眠障害
「疲れてベッドに横になってもなかなか眠れない」

②途中覚醒
「寝つきは悪くないのに夜中に何度も目が覚める」

③早朝覚醒 
「本当はもっと寝ていたいのに朝早く目が覚める」

④熟睡障害
「十分な時間寝ているのに熟睡感がない」

寝不足

不眠症の原因は人それぞれですが、根本治療に向けて原因を突き止める方法としては、冒頭で書いたような4つの不眠症タイプ診断が指標になります。
そしてタイプ別に以下のような原因が考えられます。

①入眠障害の原因
 精神的なストレス、興奮、緊張、肉体的な痛み、痒み、
 心臓疾患などの他、光や騒音などの睡眠環境など。

②途中覚醒の原因
 アルコールの摂取、前立腺肥大による頻尿、睡眠時無 
 呼吸症候群、アトピー性皮膚炎による痒みなど。

③早朝覚醒の原因
 老化やうつ病など。

④熟睡障害の原因
 さまざまな要因の複合。

タイプに応じた枕選びで症状改善が期待できる

不眠タイプとタイプ別に考えられる原因をご紹介しましたが、実はどのタイプにおいても「枕」を変えることで改善することがあります。

①「入眠障害」と枕
このタイプの方の中には、仰向けで気持ちよいと感じる枕を使っている方も多いようです。
ただ横になってみると、首の置き場がなく、姿勢が定まらないということが。
その結果として、寝返りが楽にできず、心地よく入眠できないという症状を引き起こしてしまいます。

②「途中覚醒」と枕
夜中に目覚める原因が、実は枕が合わないために起きる寝苦しさ、首の痛み、下半身のしびれだったということも多いです。

③「早朝覚醒」の原因
体に合わない枕で寝ていると、寝返りが打ちにくく、首や腰が痛くなります。
深い眠りであるノンレム睡眠の間は目覚めるまでには至らないものの、明け方になり睡眠が浅くなってくると、ちょっとした違和感、不快感によって、目が覚めてしまうという場合が多いです。

④「熟睡障害」の原因
長時間眠ったとしても、その間に疲労やストレスが解消され、心も体もリセットされなければ熟睡できたとはいえませんね。

でも熟睡には、何度も寝返りを打って血液や体液を循環させる必要が。ところが体に合わない枕で寝ていると、脊椎に無理な力が加わり、寝返りが楽に打てません。

結果、いくら眠っても疲れがとれず、眠れば眠るほど疲労が蓄積するという悪循環に陥ってしまうのです。
自分の体格を踏まえて、寝姿勢が自然になる枕を選ぶことで、いずれの症状も解消する可能性があります。
思い当たる方は、枕探しを始めてみてはいかがでしょうか。

今回、不眠症と枕のお話をご紹介しましたが、実は不眠にお悩みの方におすすめのけんこう枕が!

けんこう枕

オーダーメイド枕でも熟睡できなかった方が、満足されたすごい枕を当院で扱っているのですが(宣伝ですね笑)
今月だけ限定特別価格で販売しています。

通常32,400円(税込)→29,800円(税込)です!

こちらのサイトでも販売してますが、当院で購入されるとその場でお渡しできますし、消費税分+送料分もお得ですよ。