座骨神経痛「仰向けで寝るのも辛い脚の痛み」

60代 男性 定年 愛媛県宇和島市

座骨神経痛

来院
平成28年7月初旬下旬 

症状
★解説イラストは裸モデルを使用していますが、実際は普段着で施術します。

ゴルフ後の神経痛

来院の4日前から、身体を捻じる動作での腰と脚の痛み
特に、お尻から太もも、ふくらはぎにかけては仰向けで寝れない程痛む。

2.3日様子を見たが、あまりに痛がっていると友人からいい整体院があると
当院を勧められ来院される

ゴルフコンペ後から、徐々にお尻から脚にかけて痛みだし、寝る時にも仰向けになれないほどの痛みになったので、このままではまずいと自覚する

松山まで整体に行くのは大変だと思っていたが、あまりに友人が勧めるので、はやく良くなりたいと高速道路を自ら運転して来られる。

既往歴
慢性的な腰痛

治療経過と内容
全身の可動域を検査すると、右半身の循環が大変悪くなっていた。
はじめに、仰向けで脳脊髄液循環を促し、全身の筋膜をゆるめる。
その後、うつ伏せで筋ポンプで血液循環が悪い部位を改善させる。

再び仰向けになり、恥骨の歪み、手首、足首の捻れを調整し全身のバランスを改善する。
その後、頚椎の可動が悪い部分を解除し、1回目の施術は終了した。
1回目の施術後で6割程度は症状が緩和される。

2日後に2回目の施術を行い、まだ痛みは半分程は残っていruが生活が出来ない程ではなくなった。
その後、週に2回の施術を継続し、5回目の施術の際は痛みを感じることなく日常生活が送れる状態まで改善した。

施術方法
筋膜調整 骨盤から下肢の循環改善 骨盤調整 手足首調整 脚の捩れ改善

考察
元々慢性的な腰痛があり、骨盤の歪み、下肢の血液循環が悪かった。
ゴルフ好きで度々プレイをしているのだが、その時の体制でより体の歪みを増長していた。
特に右脚の捩れから増幅した体の歪みが太腿や下腿の筋肉の緊張距骨の変位をおこし座骨神経痛の原因になったものと考えられる。
当院から100キロ離れた地域からの来院でしたが、週2回間隔の集中施術で短期間での症状が改善できたケースでした。